Which do you use System Identification Toolbox or Simulink Design Optimization for parameter estimation?

3 views (last 30 days)
複数の非線形微分方程式からなるバイオプロセスのモデルのパラメータ推定をしています。
非線形モデルのパラメータ推定に関してはSystem Identification Toolboxと,Simulink Design Optimizationが似たような機能を提供していますが,どのような違いがあるのでしょうか?また,パラメータの数が多い(10-50個)場合にはどちらが適しているでしょうか?

Accepted Answer

Toshinobu Shintai
Toshinobu Shintai on 6 Sep 2022
Edited: Toshinobu Shintai on 6 Sep 2022
System Identification Toolbox で扱える非線形モデルは、非線形ARXモデルHammerstein-Wienerモデル になります。
Simulink Design Optimization では、扱えるモデルに制限はありません。そのモデルのパラメーターを非線形の最適化アルゴリズムを用いて、最もマッチするもの(目的関数が最小化されるもの)を探します。パラメーター推定器 というアプリが使えます。
System Identification Toolbox で扱える非線形ARXモデルの非線形要素はこちらにありますように様々なモデルが扱えるようになっています。パラメータの数が多い(10-50個)場合でも問題ないかと思いますが、これらのモデルは、実際の物理方程式を考慮しないブラックボックスなモデルになります。
もし、ある程度実際の物理モデルを考慮した形でモデルを作りたい場合は、SimulinkやSimscapeなどでモデルを作り、そのパラメーターを Simulink Design Optimization のパラメーター推定器アプリで推定する方が良いかもしれません。
  3 Comments
智樹 大久保
智樹 大久保 on 6 Sep 2022
ありがとうございます。Simscapeについては存じ上げませんでした。早速確認してみたいと思います。
取り急ぎ御礼申し上げます。

Sign in to comment.

More Answers (0)

Categories

Find more on Parameter Estimation in Help Center and File Exchange

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!