Azzera filtri
Azzera filtri

LPFに通した信号の逆フーリエ変換について

16 visualizzazioni (ultimi 30 giorni)
N/A
N/A il 1 Nov 2019
Commentato: N/A il 1 Nov 2019
Trace_1をフーリエ変換した後にLPFにかけるプログラムを作成しました。LPFに通した信号を逆フーリエ変換する方法 (横軸:時間、縦軸:電圧のグラフを書く方法) を教えて頂けませんか? ご回答をお待ちしております。
t = Trace_1(:,1);
x = Trace_1(:,2);
L1 = t(end)-t(1);
fs = 1/(t(2)-t(1));%サンプリングレート
L2 = fs*L1;%信号の総サンプル数
fc = 1*10^6;%LPFの値
y = fft(x);
P2 = abs(y/L2);
P1 = P2(1:L2/2+1);
P1(2:end-1) = 2*P1(2:end-1);
j = 1;
for f=0:(fs/L2):(fs/2)
e1(j)=f;
if f <= fc
P1(j) = P1(j);
end
if f > fc
P1(j) = 0*P1(j);
end
j=j+1;
end
P1(2:end-1) = 0.5*P1(2:end-1);
P2 = P1(1:L2/2+1);
  4 Commenti
Yoshio
Yoshio il 1 Nov 2019
当初のトピックと異なる質問となりますので、別途ご質問ください。
その際は、「butterなどの関数を使わずに」の意味がよくわからないので具体的に何をやりたいか記載願います。
N/A
N/A il 1 Nov 2019
別途質問を作成しました。何度も質問して申し訳ありません。ご回答頂けると幸いです。

Accedi per commentare.

Risposta accettata

Yoshio
Yoshio il 1 Nov 2019
Modificato: Yoshio il 1 Nov 2019
逆フーリエ変換関数はこちらに説明があります。
フィルタを通した信号が複素周波数信号として得られているなら、単純にifftを行えば良いと思います。
フィルタを通さない場合
t = Trace_1(:,1);
x = Trace_1(:,2);
y = fft(x);
z = ifft(y);
max(abs(x-z))
plot(t,x-z)
となり計算誤差内で元の信号に戻ります。

Più risposte (0)

Prodotti


Release

R2017a

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!